読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラム国の人質

今回のイスラム国の人質事件は長期化しそうですね。すでにイスラム国側が指定した72時間のタイムリミットは過ぎていますが、未だイスラム国の側から1日に対しての具体的な変化といったものは、何も明示されていないようです。日本政府が、イスラム国側が指定した、72時間以内に237億円という膨大な金額の身代金を、払うか払わないかという点の論争に関しては、国際安全保障の一員として日本がこれから果たす役割を考える限り決して払う側にまわってはいけない事は間違いのない事実だと思いますけど…
ただ、日本のマスコミや国際特派員協会で記者会見を開いた後藤健二さんのお母さんが、息子を返してください。と訴えたことで、やはり日本は人命尊重すべきだ。たとえどんな犠牲を払ってでも命は何よりも重い。という考え方が支配的になって良いように思います。実はイスラム国の狙いは237億円の身代金をもらえればそれでよし。もう1つは身代金を取った上で日本が世界的な信頼を失い、国際安全保障の一員にならないことを実現できれば、それも尚の事よし。仮に日本がアメリカのように「テロリストには一切9しない身代金を払うことなどありえない。」という対応なら、また人質の殺害動画をYouTubeにアップして、イスラム国のアピールに使える。という「どう転んでも必ずイスラム国にとっておいしい」と言う条件が、今回の人質事件の狙いじゃないかと思いますが、皆さんはどう考えていますか。