読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肝臓の働きと大腸がんの関係は肉食が原因?

肝臓の働きによって反応が蓄積されていくと、大量の動物性脂肪を取り続けると循環からもたらされた男汁の1部が大町に流れ込んでしまっいい腸内環境の悪玉菌によって発ガン性のあるものに変えられてしまうと言われています。なので、肉を食べても発癌物質を乱さないようにすれば良いわけですね。では肉を食べても発癌を促進しないためにはどうしたら良いのかと言うと、悪玉菌の働きを抑制する食物繊維を含む野菜をたくさん食べることが大切ですね。その割合としては肉の割合が1だとしたら野菜の割合は3です。これを守ることによって乳酸菌などの善玉菌であるビフィズス菌などが増えていき腸内環境が良い状態を保つことができると言われています。なので野菜をたくさん取ることによって乳酸菌などの善玉菌もたくさん増えてくれますよ。